馬鹿レコードブログ

馬鹿レコードbot(Twitter)のブログです。

馬鹿レコード:佐藤忠志のズバリ!うたで覚える英熟語

東進ハイスクール講師の林修さんといえば、『今でしょ!』が流行語となり、テレビでレギュラー番組も多く持ち、すっかり御馴染みになりましたが、今から約30年前にも林先生と同じ東進ハイスクールの講師で、タレント活動を行っていた方がいました。独特のヤ…

馬鹿レコード:ワープロレディ

今回紹介するのは、後藤礼子さんという方の「ワープロレディ」という曲です。 眉毛こそ太く濃くないものの、ジャケット写真の後藤さんは当時の女性のファッションそのものと言えると思います。この格好のまま、マハラジャ(ディスコ)に行けそう。 リリースさ…

馬鹿レコード:クチャクチャボーイ

今回紹介するのは、三井俊吾さんという方の「クチャクチャボーイ」という曲です。 ちなみに我がbotでは、小松みどりさんの「こちょこちょ娘」の次に流れるように、工夫というか小細工していたりします。気付いた方、いるかな? さて、このインパクト溢れるパ…

馬鹿レコード:アメリカン・カンカン

ロックス、と言われてロックファンが思い浮かべるのはエアロスミスの傑作アルバム「ロックス」でしょう。そのアルバム名からグループ名を取ったのかは不明ですが、1978年~1980年頃に、恐らく日本国内のみで活動していたロックスという女性ロックグループが…

ブログ開始から半年経ったそうです。

このブログも初めてから半年経ったそうで、読者になって頂けている方、★をクリックして頂けている方、とにかく、読んで下さる方、みなさん、ありがとうございます。 さて、まだbotでは書いておらず、このブログでまずは発表しておきますが、 馬鹿レコードbot…

馬鹿レコード:気

『僕さぁ、ボクサー。』って訳で、前回の渡嘉敷勝男さんに続き今回も元ボクサーもので、ガッツ石松さんの「気」というCDを紹介します。 WBC世界ライト級チャンピオン獲得25周年記念。 ガッツさんは何枚かレコード、CDをリリースしていますが、ここまでガッツ…

馬鹿レコード:走れメロス

読んだ事がある、ないに関わらず、太宰治の「走れメロス」という作品名を聞いた事が無い、という人は少ないと思います。 ですが、その「走れメロス」が歌として存在しているという事を知っている方は多くはないでしょう。 作詞はなかにし礼さん、作曲は浜圭…

馬鹿レコード:ハッキヨイ!大相撲 ひよの山かぞえ歌

横綱の日馬富士による貴ノ岩への暴行事件が連日報道され、大いに揺れ動いている相撲界ですが、ちょっと前にその相撲界の親方衆によって和気藹々と歌われた楽曲がありました。おやかたオールスターズの「ハッキヨイ!大相撲 ひよの山かぞえ歌」です。 参加して…

馬鹿レコード:宇宙猿人ゴリなのだ

今回紹介するのは特撮もので、70年代に放送された宇宙猿人ゴリ対スペクトルマンより、「宇宙猿人ゴリなのだ」です。 『ゴリなのだ』、って。バカボンのパパかよ! 何種類かのレコードジャケットで出てるようですが、僕が持ってるのは実写のものです。イラス…

馬鹿レコード:若山富三郎 極道特集

今回紹介するのもLPレコードで、若山富三郎さんの「若山富三郎 極道特集」です。 あら、TBSの「報道特集」と一文字違い。。。 若山先生(こう呼ばせて頂きます)の作品はbotのほうでも何枚か紹介しています。 とか いずれの作品もジャケット写真がド迫力ですね…

馬鹿レコード:GREAT TEXAN

今回紹介するのは、プロレスラーものでかつLPレコード。テリー・ファンクの「GREAT TEXAN」です。 70年代~80年代に日本のマットで大活躍したプロレスラー。当時世界で一番権威のあったNWAという団体の王者になった事もあります。全盛期の人気は物凄く、その…

馬鹿レコード:雪みれん

みうらじゅんさんが提唱した「バカレコード」の定義として、中古レコード店の店頭ワゴンで1枚10円程度で雑に並べられ、いざ買ってみると店の親父から『こんなの買う奴、どこのどいつだ』と、まるで珍獣を見るような怪訝な目を向けられる、とかいうものがあっ…

馬鹿レコード:カンフー・エレジー

今回紹介するのは、台湾出身の白氷氷(パイ・ピンピン)さんの「カンフー・エレジー」です。 パイ・ピンピン何度も声に出して読みたくなる名前。 パイ・ピンピン 作家であった故・梶原一騎さんの元奥さんなんだとか。元々はアイドル歌手で、現在でも台湾では有…

レコードの日

本日、11月3日はレコードの日という訳で、僕も近所のレコードショップへ行って、CDとレコードを購入して来ましたよ。 まず、ヴァンデンバーグス・ムーンキングスというバンドの「MKⅡ」です。バンドのリーダーでありギタリストのエイドリアン・ヴァンデンバー…

馬鹿レコード:交通地獄そして卒業

今回紹介するのは、ご存命であれば現役世界最高齢シンガーソング・ラッパー、坂上弘さんの「交通地獄そして卒業」というミニアルバムCDです。 佐賀県出身で1921年生まれだそうですから、現在96歳!(ご存命であれば)音楽との付き合いはお若い頃からのようで、…

馬鹿レコード:評論家ロック

普段はEPレコードやシングルCDばかりを紹介していますが、今回は珍しくLPレコードを取り上げてみます。 いつもは音楽を評論する立場の方々(音楽評論家)が逆に自分達でロックのレコードを作っちゃいました、という企画盤。Do It OURSELVESというユニットの「…

馬鹿レコード:いまだ浮上せず

今回紹介するのは、ペニー・レインという女性3人組の「いまだ浮上せず」という曲です。 元々キャンディーズのフォロワーとしてデビューし、初期はフォークソングを歌っていたようですがなかなか芽が出ず、路線変更を狙ってみたもののそれもままならず最後ま…

馬鹿レコード:ワンダフル!ゲートボール

ゲートボールというと、お年寄りの娯楽・スポーツというのがふっと頭に浮かびますが、今回紹介するのは、そんなイメージを払拭するようなもので、湯浅みつ子さんという女性が歌う、「ワンダフル!ゲートボール」という曲です。 湯浅みつ子さん、どうやら現役…

Loud Park 2017 その2

前回からの続きです。 今回のloud Parkは2ステージ制でした。要はステージ・フロアが2つに分かれているってこと。どちらかのフロアに居れば、出演バンドを見逃す事無く全て観れます。そんな訳なので、今回のLoud Parkではほとんどの出演バンドを観ました。 …

Loud Park 2017

10月14日(土)と15日(日)の2日間、ハードロック/ヘヴィメタルのフェスである Loud Parkへ行って来ました。 このフェスは2006年から毎年10月に2日間の日程で行われており、 僕は2008年の2日目から連続して参加しています。 13日(金)の午前に仕事を切り上げ、…

馬鹿レコード:ライオン丸のバラード・ロック

今回は特撮もので、70年代に放送された「快傑ライオン丸」の主題歌でもエンディング曲でもなく、挿入歌である「ライオン丸のバラード・ロック」という曲を紹介します。 バラード・ロック。僕は即、エアロスミスやボン・ジョヴィやデフ・レパードやMR.BIGやナ…

馬鹿レコード:俺の警察犬(とも)

今回も前回に続いて警察犬に関する曲で、川守ひろしという方の「俺の警察犬(とも)」です。 「警察犬」を「とも」と読むあたり、漫画の北斗の拳の「強敵」と書いて「とも」と読ませたのを思い起こします。大切なパートナーなのでしょう。 舞台は佐賀で、背…

馬鹿レコード:警察犬(おれ)は臭いの捜査官

今回紹介するのは、西方裕之さんという方の「警察犬(おれ)は臭いの捜査官」という曲です。ちょっと前にNHKで阿部寛さん主演の「スニッファー嗅覚捜査官」ってドラマがあったなぁ。関係無いですが。 僕の世代的には警察犬というと、木之内みどりさんの主演で…

馬鹿レコード:大輔・哲太のRock'n Roll

今回紹介するのは「大輔・哲太のRock'n Roll」というレコードで、歌手は嶋大輔&杉本哲太+1、です。 ヤンキー2人が行きつけの喫茶店に新しく入ったマブい(死語)女の子にお互いに片思い。『普段はブレンドコーヒーのくせに見栄を張ってブルーマウンテンを…

馬鹿レコード:拝啓レーガン&アンドロポフ様

今回紹介するのは、BIMBO(ビンボー)というインドネシアのグループで「拝啓レーガン&アンドロポフ様」というレコードです。 本国では結構有名なのでしょう。ウイキペディアで調べたら、70年代にデビューしていて、何回かメンバーチェンジやグループ名を変え…

山本恭司ライブ 9/25

昨日は新潟県の新発田市で行われた山本恭司さんのソロライブに行ってきました。 山本恭司さんは、70年代はBOW WOW、80年代はVOW WOW、90年代以降はWILD FLAG、それ以降はBOW WOWを復活させたり、矢沢永吉さんのバックでツアーに同行しての紅白に出たり、ソロ…

馬鹿レコード:俺はKYワカマツだ 檄

今回紹介するのは、1980年代の新日本プロレスで 悪役マネージャーとして活躍していた若松市政さんの 「俺はKYワカマツだ 檄」です。 プロレス関係のレコードにはなぜか常識の範疇では語れない作品が多く、 このレコードも例外でありません。 というか、僕的…

馬鹿レコード:昭和の西郷どん

前回に続き、今回も恐らく素人物です。西郷隆丸という方の「昭和の西郷どん」です。そういえば、来年のNHK大河ドラマは西郷隆盛を描いた「西郷どん(せごどん)」なんですよね。 MSAレコードというレーベルからリリースされていますが、検索しても引っ掛かりま…

馬鹿レコード:悲恋岬

今回紹介するのは、和田たかしという方の「悲恋岬」です。 「思い出のバカレコード大全」で、なぜか僕が発掘した事になっていますが、確かに検索しても何も引っ掛かりません。僕が所有しているくらいですから、確かにレコードは存在します。「プリンスレコー…

馬鹿レコード:雨の権之助坂

今回紹介するのは、ビートきよしさんの「雨の権之助坂」。 きよしさんと言えば、80年代の漫才ブームの際には、『やめなさい!』『よしなさい!』『いい加減にしろ!』の3パターンのツッコミだけで、100人に一人の天才芸人ビートたけしさんとのコンビ、ツービ…