馬鹿レコードブログ

馬鹿レコードbot(Twitter)のブログです。

馬鹿レコード

馬鹿レコード:ライオン丸のバラード・ロック

今回は特撮もので、70年代に放送された「快傑ライオン丸」の主題歌でもエンディング曲でもなく、挿入歌である「ライオン丸のバラード・ロック」という曲を紹介します。 バラード・ロック。僕は即、エアロスミスやボン・ジョヴィやデフ・レパードやMR.BIGやナ…

馬鹿レコード:俺の警察犬(とも)

今回も前回に続いて警察犬に関する曲で、川守ひろしという方の「俺の警察犬(とも)」です。 「警察犬」を「とも」と読むあたり、漫画の北斗の拳の「強敵」と書いて「とも」と読ませたのを思い起こします。大切なパートナーなのでしょう。 舞台は佐賀で、背…

馬鹿レコード:警察犬(おれ)は臭いの捜査官

今回紹介するのは、西方裕之さんという方の「警察犬(おれ)は臭いの捜査官」という曲です。ちょっと前にNHKで阿部寛さん主演の「スニッファー嗅覚捜査官」ってドラマがあったなぁ。関係無いですが。 僕の世代的には警察犬というと、木之内みどりさんの主演で…

馬鹿レコード:拝啓レーガン&アンドロポフ様

今回紹介するのは、BIMBO(ビンボー)というインドネシアのグループで「拝啓レーガン&アンドロポフ様」というレコードです。 本国では結構有名なのでしょう。ウイキペディアで調べたら、70年代にデビューしていて、何回かメンバーチェンジやグループ名を変え…

馬鹿レコード:俺はKYワカマツだ 檄

今回紹介するのは、1980年代の新日本プロレスで 悪役マネージャーとして活躍していた若松市政さんの 「俺はKYワカマツだ 檄」です。 プロレス関係のレコードにはなぜか常識の範疇では語れない作品が多く、 このレコードも例外でありません。 というか、僕的…

馬鹿レコード:昭和の西郷どん

前回に続き、今回も恐らく素人物です。西郷隆丸という方の「昭和の西郷どん」です。そういえば、来年のNHK大河ドラマは西郷隆盛を描いた「西郷どん(せごどん)」なんですよね。 MSAレコードというレーベルからリリースされていますが、検索しても引っ掛かりま…

馬鹿レコード:悲恋岬

今回紹介するのは、和田たかしという方の「悲恋岬」です。 「思い出のバカレコード大全」で、なぜか僕が発掘した事になっていますが、確かに検索しても何も引っ掛かりません。僕が所有しているくらいですから、確かにレコードは存在します。「プリンスレコー…

馬鹿レコード:雨の権之助坂

今回紹介するのは、ビートきよしさんの「雨の権之助坂」。 きよしさんと言えば、80年代の漫才ブームの際には、『やめなさい!』『よしなさい!』『いい加減にしろ!』の3パターンのツッコミだけで、100人に一人の天才芸人ビートたけしさんとのコンビ、ツービ…

馬鹿レコード:競馬人生

今回紹介するのは、NHK紅白歌合戦に出場歴もある大月みやこさんの「競馬人生」です。 大月さんご自身が競馬ファンかどうかはさておいて、競馬予想紙を手にしてる大月さん、結構サマになっていますね。今でこそ競馬場や場外馬券売り場には普通に若い女性が訪…

馬鹿レコード:昭和なみだ川

今回紹介するのはデュエットもので、阿蘇子と太郎という2人組の「昭和なみだ川」です。 まず注目すべきは、女性のほう。阿蘇子。あそこ。アソコ。なんて衝撃的な歌手名。 片や、男性のほう。太郎。なんて単純明快な歌手名。 もう、曲を聞く前から数々の疑問…

馬鹿レコード:さそって入口 ふるえて出口

今回紹介するのは曲名もので、本田理沙さんの「さそって入口 ふるえて出口」です。 1980年代の後半に活躍し、志村けんさんの「だいじょうぶだぁ」のレギュラーでもあったと記憶しています。実は僕、セミヌードの写真集を持ってました、ええ。 曲の内容自体は…

馬鹿レコード:パパとあるこう

今回紹介するレコード。恐らく100人中99人は、『ごく普通の曲じゃねぇか!』とか『馬鹿レコードじゃないよ。無理矢理すぎ!』と思うでしょう。ところが捻くれ者の僕は初めてこの曲を聴いた時に、『なんかおかしいな・・・なんか変!』って思ったのです。歌い…

馬鹿レコード:拳法人生

今回紹介するのは、歌手名と雰囲気モノで、少林寺八郎さんの「拳法人生」です。 少林寺八郎。少林寺 八郎です。少林 寺八郎ではありません。僕はこの名前だけで『何かある』と購入を決めました。 この佇まい。全く強そうではありません。むしろ「弱そう」。…

馬鹿レコード:困ったラブ・ソング

今回紹介するのは、沖田浩之さんの「困ったラブ・ソング」です。 沖田さんと言えば悲劇的な最後を迎えた方なので、「馬鹿レコード」として取り上げるのはどうか?とも考えましたが、このブログを読んで沖田さんの楽曲に興味を持って、聞いてみようかな?と思…

馬鹿レコード:酒

今回紹介するのは一目見て頂ければお判りかと思いますが、それ以外の何物でもないジャケットもので、志賀勝さんの「酒」です。 志賀さんのプロフィールはウイキペディア等で調べて頂くとして、ピラニア軍団の中では一番”リアル”に近い顔立ちをした方ですね。…

馬鹿レコード:親父俺だよ/男の握り飯

今回は、その曲名だけを目にした時に、どうしても違う方向を想像しがちな2曲を紹介します。同じCDの中に入っている曲で、杉野強さんの「親父俺だよ」と「男の握り飯」です。 ちなみに杉野さんの歌声ですが、ぐっさん(山口智充)と長渕剛さんを足したような感…

馬鹿レコード:田舎にパソコンがやってきた

今回紹介するのは、馬鹿レコード(CD)の王道といえば王道、と言えるものだと思います。天月姉妹の「田舎にパソコンがやってきた」です。 以前、日本テレビ系の有吉反省会で取り上げられてましたよね。確かその時はご本人達の登場や曲の詳しい紹介はされていな…

馬鹿レコード:元祖だんご4兄弟

国民的な大ヒット曲が出ると、それに続けとばかりに柳の下のドジョウを狙ったレコードやCDが出るのはかの「およげたいやきくん!」などを見れば明らかですが、今回紹介するのは、僕がその存在を知った時に『(醜い・・・』と心の中で呟かずにはいられなかった…

馬鹿レコード:おもわせ気分のBaby face

松田聖子さんといえば、80年代にはトップアイドルとして大活躍をし、現在でも第一線で活動している大歌手ですが、80年代にその聖子さんのそっくりさんを3人集めてレコード出してしまえ、というものがありました。グループ名はそのものズバリで「聖子ちゃんず…

馬鹿レコード:大地震

今回紹介するのは、今の日本のご時世だと恐らく放送できるかどうかギリギリの曲だと思います。1970年代後半に活躍した2人組アイドル、キャッツ★アイのA面「導火線」という曲のB面で「大地震」です。 名前の中に星マークが入った芸能人、つのだ☆ひろさん、ゴ…

馬鹿レコード:ドクター・中松の君が代

今回紹介するのは、電波系というかトリップものというか、まぁ個人個人の取り方によると思いますが、ドクター・中松さんの「君が代」です。 ドクター・中松さんがどういう方なのかは、もう割愛させて頂きます。ウイキペディア等で調べて下さいね。 1999年に…

馬鹿レコード:左官職人こね太郎

今回紹介するのは曲名もので、新沼謙治さんの「左官職人こね太郎」です。僕もこの曲名を最初に目にした時、2分くらい笑いが止まりませんでした。「こね太郎」って。 2004年にリリースしたシングルCD「飛行機雲」のカップリング曲なのですが、やはり曲名とそ…

馬鹿レコード:そば食いねぇ!

今回紹介するのは割と最近リリースされたCDです。80年代に活躍したジャニーズの3人組アイドルグループ、シブがき隊のメンバーであった布川敏和さんが、ふっくん布川という名義でリリースした、「そば食いねぇ!」です。 お判りでしょうが、シブがき隊のヒッ…

馬鹿レコード:和田アキ子のウィスパーカード

先日出演させて頂いた7月17日のアレコード。最初にタイガージェットシンの妖怪人間ベムのテーマで最後が和田アキ子さんのウィスパーカードという、奇しくも妖怪で始まり妖怪で終わる、という流れでしたが、和田アキ子さんのウィスパーカードは時間が無く途中…

馬鹿レコード:父(Father)

今回紹介するのは洋モノ。MANOWAR(マノウォー)というアメリカのヘヴィメタルバンドの曲です。 このマノウォー、ある意味ではヘヴィメタルの象徴とも言えるバンドで、『偽物のメタルに死を』と言い切る程、自分らこそがヘヴィメタル、いう自負を持っています…

馬鹿レコード:デューク刑事のテーマ

刑事ドラマの代表格と言えば、かつて放送されていた「太陽にほえろ!」が挙げられるでしょうが、それぞれの刑事に、テーマ曲がある事を御存知だったでしょうか?僕は知りませんでした。という訳で今回紹介するのは、ドラマのシリーズ後半に登場した『デュー…

馬鹿レコード:布施明のそっくりショー

今回紹介するのはちょっと珍しいEPレコード。ファンクラブ限定の非売品との事です。「布施明のそっくりショー~ジャイアント馬場の瀬戸の花嫁~」 僕自身が布施明さんのファンクラブに入っていた、とかじゃなくて、ヤフオクで『ジャイアント馬場 レコード』…

馬鹿レコード:なぐりとばして別れようか

今回紹介するのは、城卓矢さんの「なぐりとばして別れようか」です。 城卓矢さんといえば、「骨まで愛して」のヒットで有名な方です。(このタイトルもどうかとは思うけど・・・) 歌詞のほうは大方に予想通りで、好きな女の子がいたけど、いい加減うんざり…

馬鹿レコード:海の底から来たのか君は

今回紹介するのは、先日東京に行った時に仕入れてきたもので、港孝也さんの「海の底から来たのか君は」です。 100人中99人はA面の「PASSION」ではなく、B面のこちらが気になりますよね。 『海の底から来たのか君は』 いいですねぇ。6月3日に紹介した由布院和…

馬鹿レコード:おっとCHIKAN!

今回紹介するのは、良く知られているグループなんだけど 曲は代表曲という訳でもなくあまり知られていない(かな?)、 でもそのグループ史上では1、2を争う程歌詞がドイヒーな曲。 いくつかの意味ではタイムリーなのかな。 おニャン子クラブの「おっとCHIKA…