馬鹿レコードブログ

馬鹿レコードbot(Twitter)のブログです。

馬鹿レコード:左官職人こね太郎

今回紹介するのは曲名もので、新沼謙治さんの「左官職人こね太郎」です。
僕もこの曲名を最初に目にした時、2分くらい笑いが止まりませんでした。
こね太郎」って。

f:id:Baka_Records:20170725201101j:plain

2004年にリリースしたシングルCD「飛行機雲」のカップリング曲なのですが、
やはり曲名とその内容のユニークさがジワジワと浸透して、
2005年リリースの全曲集のサブタイトルにもなっています。

歌詞も新沼さんご自身が手掛けています。
何でも歌手になる前は実際に左官職人をされていたのだとか。
実体験によるものだったんですね。
新沼さんといえば「」や「バドミントン」が有名ですが、
ここでも多才ぶりを見せつけています。

曲調は音頭っぽい仕上がりです。
合いの手に入る女性の『練って練って練って練って・・・』の声が
可愛らしくてとても楽しい。
『今日も仕事の始まりだ、腰に手ぬぐいぶらさげて』
『練って、練って、また練って、こねて、こねて、またこねりゃ』と、
歌っている新沼さんも楽しそう。
一番で、左官が『しゃかん』と聞こえるのは、新沼さん、わざとなのかな?

そんな感じで一番二番は音頭調で楽しく明るい雰囲気なのですが、
なんと三番で突如転調します。
どことなくマイナー調な演歌風になり、歌詞のほうも
『継ぎ接ぎだらけの貸し布団、寝言歯ぎしり高いびき、これじゃ朝まで身が持たぬ』
と、劣悪な作業環境を扱ったものになるのです。
やはり新沼さんとしては、土木作業現場の労働環境面の改善を
歌に乗せて訴えかけたかったのかなぁ・・・

とはいえ、再度音頭調に戻って終了。
いやぁ、なかなかの名曲ですよ、これ。
老若男女楽しめると思うのです。
こういう曲こそ、レコード会社は力入れて売り出すべきだと思うのです。
ちなみにCDには、三番の演歌調の部分が削られている「音頭編」もありますので、
夏まつりのBGMとかに使ってもいいのではないでしょうかね。

で、私の馬鹿レコードbotとは全く関係は無いのですが、
新沼謙治 歌詞bot」なるアカウントが存在しているという事を知りました。
あははは。
いやぁ、色んな方がいらっしゃるもんです。(お前が言うな、って)