馬鹿レコードブログ

馬鹿レコードbot(Twitter)のブログです。

馬鹿レコード:拳法人生

今回紹介するのは、歌手名と雰囲気モノで、
少林寺八郎さんの「拳法人生」です。

少林寺八郎
少林寺 八郎です。
少林 寺八郎ではありません
僕はこの名前だけで『何かある』と購入を決めました。

 

f:id:Baka_Records:20170814194537j:plain

 

この佇まい。
全く強そうではありません。
むしろ「弱そう」。
そう、普通ではなく、「弱そう」なんです。
表情。構え。これらが完璧に「弱そう」
「拳法が人生」って謳ってるのに、「弱そう」。
ちなみにこの時が22~24歳くらいのようなのですが、
中学生みたいな表情にも思えます。
ですが、なんと実際には少林寺拳法の2段を取得されたの事。

曲調はド演歌です。
尺八の音色が印象的です。
『おいおい、少林寺拳法=中国的な要素が無いじゃん』と思ったのですが、
調べた所によると少林寺拳法というのは、宗道臣という方が
日本で創始した武道であり、中国武術そのものではない、という事だそうです。
いやぁ、勉強になりました。

歌詞のほうは、スポ根的ですね。

大手広げた この世の嵐
受けてたつのが 少林寺
やるぞ拳法 七転八起

という歌詞。
この曲がリリースされたのが昭和40年代初めのようなので、
あと何年かすれば拳法ブームというか空手やカンフーブームが来るのに、
リリースが早すぎた、って思いがしますね。

印象的なのは、曲中で八郎さんの叫び声というか気合いの声が入ります。

『ヤァ!』

結構強めでパンチの効いたいい感じの『ヤァ!』なのですが、
これが一番、二番、三番でどれも同じパターンでの『ヤァ!』なのです。
う~ん、どうせならそれぞれでパターン変えて欲しかったなぁ。

レコードの裏ジャケには八郎さんのプロフィールが載っていて、
本名や生年月日の他に本籍やら当時の住所やら最終学歴までが載っているという、
現代では考えられない個人情報ダダ流し。
時代だなぁ、と思わず唸ってしまいました。