馬鹿レコードブログ

馬鹿レコードbot(Twitter)のブログです。

馬鹿レコード:昭和なみだ川

今回紹介するのはデュエットもので、
阿蘇子と太郎という2人組の「昭和なみだ川」です。

f:id:Baka_Records:20170830204506j:plain

まず注目すべきは、女性のほう。
阿蘇子。
あそこ。
アソコ。
なんて衝撃的な歌手名。

片や、男性のほう。
太郎。
なんて単純明快な歌手名。

もう、曲を聞く前から数々の疑問が脳内を駆け巡ります。

まず、『アソコ(阿蘇子)はどんな声を出すんだ?』という疑問。
これは僕の予想を裏切って、意外と若々しい艶のある声でした。
30代前半~40代前半と推測。

太郎は?というと、この曲の作曲が岡千秋さん。
そう、都はるみさんとの「浪花恋しぐれ」のデュエットで知られる
岡千秋さんです。
太郎の歌声を聞いてみて気付いたのですが、どうやら独特なダミ声から察するに、
恐らく、太郎=岡千秋さんではないか?と。

瞬間僕の脳内では
「30代前半~40代前半の女性とマッシュルームカットのヒゲ河童男との絡み」
の絵が出来上がり。
『これで歌詞がゲッスい週刊実話的なモンだったら、どないしまっか!』
と勝手に妄想し、期待に胸(と股間)を膨らませたところ

そうではありませんでした。

ならば、『阿蘇子という事で阿蘇山か熊本に関する曲?』と考えられるでしょうが、
それに関連するワードも出て来ません。

駄目よ 駄目駄目 駄目なのよ
どうして どうして どうしてさ

馬鹿さ 馬鹿馬鹿 馬鹿なのさ
お酒が お酒が お酒がね

嘘よ 嘘嘘 嘘なのよ
さだめが さだめが さだめがさ

歌詞はこれだけ。
3番まであって、これだけです。
この単純な歌詞を、ただただ繰り返すという曲。
そして最後に2人で「嗚呼、昭和~、なみだ川~」で締めるというもの。

なんじゃぁこりゃぁ!

ですが、これが何回か聞いて行くうちに不思議と癖になっていくのです。
曲もマイナー調でゆっくりとしたものなのが、また味がありますね。
いかにも昭和の裏町演歌って感じで。

あと、時々入る「ボイ~ン」といった何かの楽器の音?にも惹かれました。

そんなこんなで僕的には、阿蘇子(アソコ)だけに「これは穴だった!」というべき、
結構楽しめたレコードでした。

ここまで読まれて、阿蘇子(アソコ)って
どんな形(容姿)をしているんだろう?
どんな(肌の)色なんだろう?
どんな(身体の)大きさなんだろう?
と、どなたもがお考えかと思いますが、
検索してみましたが残念ながら何も出てきません。
情報求む、です。