馬鹿レコードブログ

馬鹿レコードbot(Twitter)のブログです。

馬鹿レコード:昭和の西郷どん

前回に続き、今回も恐らく素人物です。
西郷隆丸という方の「昭和の西郷どん」です。
そういえば、来年のNHK大河ドラマ西郷隆盛を描いた
「西郷どん(せごどん)」なんですよね。

f:id:Baka_Records:20170913203346j:plain

MSAレコードというレーベルからリリースされていますが、
検索しても引っ掛かりません。

この「西郷隆丸」なる人物。
果たして本名なのか、
実際に西郷隆盛の子孫なのか、
連れている犬は飼い犬なのか、
一切不明です。
ちょっとメタボな気の良さそうなオッサンの
犬を連れた西郷隆盛のコスプレとしか思えないのですが。

これだけだと、せいぜいジャケ買いの範疇ですが
実際に曲を聞いてみて、『あら?案外良く出来てますねぇ』と。

曲調は演歌というより音頭に近いです。
お囃子というかコーラスに何人かの女性が参加していますし、
恐らくですが電子ドラムを使っていると思われます。
あと、民謡の鹿児島おはら節のフレーズがお遊び感覚で入っていますね。

歌詞のほうですが、

わたしの車で よかったら
お乗りください お客さん
旅に花咲く 幸せを
無事に運んで 今日も行く
俺(おい)どんな 昭和の 西郷(さいごう)どん

という歌詞の内容からして、隆丸さんのご職業はタクシー運転手なのでしょう。
とはいえ、それがどうなって「昭和の西郷どん」なのか?は最後まで判らず。

たまに演歌系のレコードに付いているのですが、このレコードにも
『この曲で踊ってくれ』と言わんばかりの踊りの振付説明書がありました。
結構複雑というか覚え難そう。

あと、付録的なものとして名刺というかカードのようなものが付いていて、
なんと裏面には隆丸さんのご自宅と勤務先の住所・電話番号が記載されています。
すげぇなぁ。
時代だなぁ。

f:id:Baka_Records:20170913203437j:plain

合成まる判りです。
動く銅像(唄う西郷どん)」の意味が判りません。