馬鹿レコードブログ

馬鹿レコードbot(Twitter)のブログです。

山本恭司ライブ 9/25

昨日は新潟県新発田市で行われた山本恭司さんのソロライブに行ってきました。

山本恭司さんは、70年代はBOW WOW、80年代はVOW WOW、
90年代以降はWILD FLAG、それ以降はBOW WOWを復活させたり、
矢沢永吉さんのバックでツアーに同行しての紅白に出たり、ソロでアルバム出したり、
親友で俳優の佐野史郎さんと活動したり、と、
昨年プロデビュー40周年を迎えた、日本はもちろん世界的に有名なギタリストです。

そんな恭司さんが今回初めて、今の僕の勤務地である新発田市
ライブを行うという事で、仕事終わりですっ飛んで行きました。
僕は恭司さんのライブに行くのは今回で7回目です。

ライブは22時頃まであるらしいので、ライブ前の腹ごしらえ。
新発田市役所近くのシンガポールという食堂で、
「オッチャホイ」という料理を食べました。

f:id:Baka_Records:20170926194021j:plain

オッチャホイ」。
全国的にはいまいち名前は浸透していないようですが、一応は新発田市の名物グルメ。
きしめんのような麺をモヤシとキャベツとニラと卵で炒めたもの。
塩味の焼うどんという感じですが、麺がきしめんなのが特徴的。
僕としては、新宿アルタの裏にある沖縄料理の「やんばる」というお店の
沖縄風焼きそばの味にちょっと似てる、と思います。
あれよりスパイシーで、麺はモチモチしていますね。
前出の佐野史郎さんもお気に入りのようで、
恭司さんが新発田に行くという事を聞きつけ、
新発田に行くなら、これ食え!』と勧めて、恭司さんも召し上がったそうです。
新発田市にお出かけの際は、是非一度ご賞味あれ~。(滝沢カレン風に)

f:id:Baka_Records:20170926194049j:plain

ライブですが、「SHOWBEN 小僧」というライブカフェで行われました。

f:id:Baka_Records:20170926194102j:plain


最近の恭司さんのソロライブは2部構成になっていて、1部がアコースティックギター
2部がエレキギターを使用しての演奏と歌となっています。

僕は早めに着いたので、かなり前のほうの席を確保でき、
おかげで恭司さんの手元がばっちり見えました。
ただピックで弦を弾く訳ではなく、アコギではネックをベントしたり、
エレキではアームやボリュームやスイッチや足元のエフェクトを細かく操作したり、
ピックアップのフロント側とリア側で引く位置を使い分けたり、
時にピックではなく指で弾いたり、と、
様々な音色を出す事での多彩な感情表現に終始圧倒されていました。
また、手だけではなく、全身を使ってプレイしているなぁとも感じました。
身体をくねらせたり、伸ばしたり、捻ったり。
踊っているというか、”舞っている”という表現がしっくりくるかな。
弾いている姿に色気がありますね~。

f:id:Baka_Records:20170926194118j:plain

(↑写真撮影可タイムにて)
お客さんのノリが良かったので、恭司さんご自身も満足されていたようです。
恭司さんのライブは週末が多いのですが、この日は週の初めの月曜日なのに
凄い盛り上がりだったので、かなり嬉しかったのではないでしょうか。
『来年も必ず来る』とおっしゃられていました。

CDの販売があり、購入するとライブ後にサインを書いてくれます。
恭司さんが最近リリースした「Voice Of The Wind」というCDを購入。

f:id:Baka_Records:20170926194145j:plain


その御礼といっては何ですが、恭司さんがVOWネタ類がお好きだと知っていたので、
「思い出のバカレコード大全」を贈本。
移動中にでもご拝読して頂ければ幸いかと思います。

ちなみにライブ後に新潟ツアーの最終日(糸魚川→長岡→新発田)という事での
アフターショーと言うか打ち上げ的なものがあり、
お客さんもドリンク&おつまみ代1000円で参加できるものがあったのですが、
僕はどうもあーいうものが苦手だったり(いい大人のくせして人見知りです)、
車で来たのでお酒が飲めないし(どうせなら飲む時はとことん飲みたい派)、
ここ1年くらい22時を過ぎるとやたら睡魔が襲ってくるので、
参加せずに帰宅したのでした。