馬鹿レコードブログ

馬鹿レコードbot(Twitter)のブログです。

馬鹿レコード:拝啓レーガン&アンドロポフ様

今回紹介するのは、BIMBO(ビンボー)というインドネシアのグループで
「拝啓レーガン&アンドロポフ様」というレコードです。

f:id:Baka_Records:20170927204451j:plain

本国では結構有名なのでしょう。
ウイキペディアで調べたら、70年代にデビューしていて、
何回かメンバーチェンジやグループ名を変え、
今も現役で活動しているようです。

イントロは大仰。
なんか谷村新司さんの「昴」を思い起こします。

80年代の冷戦時代のアメリカとソ連の2大巨頭である
レーガン大統領とアンドロポフ書記長に向けて手紙を書いて出す
というものなのですが、
カタコトであったり、やたら丁寧というか遜った日本語の歌詞で、
聞いているうちに混乱してしまう内容になっています。

拝啓、レーガン閣下、アンドロポフ閣下。
あなた方お2人は世界で一番素晴らしい長老様。
あなた方お2人の慧眼は世界の果てまで見通せます。
いえ、もっとはるか遠く宇宙まで。
バイオニック、ス-パーマンも、ものの数ではありません。

なぜか閣下呼ばわりで、さらには長老様とまで言う媚び具合。
2人とも年だけど、長老とまで呼ぶほどの年齢じゃないよなぁ。
能力の高さの比較対象としてスーパーマンは理解できるけど、
バイオニック(ジェミー)を出してくるあたり
おいおいマニアックすぎるだろ、と思ったりして。

第3次世界大戦が起こる前にあらかじめ知らせてください。
人々が一緒に記念の写真を撮れるように。

戦争前にみんなで集まって一緒に記念写真撮りたい、って事なのでしょうか?
これから戦争するのに、えらい和気藹々してるじゃねぇか、と。

お2人が争うのは本当に嫌なのです。

なるほど、これは反戦メッセージソングなのか、と思いました。
今の世なら「拝啓トランプ&金正恩」って事になるのでしょうね。。。

最後は手紙らしく、

これまでのご無礼の段、お許しを。
敬具。
ビンボーより。

と、締めています。

この曲は本来は英語の歌詞の曲のようで、このレコードのB面に収録されています。