摩訶レコードブログ

摩訶レコードbot(Twitter)のブログです。

追悼:アントニオ猪木さん

参った。
今年は僕にとって辛い事が続く一年らしい。

 

ボーナスがやたら少なかったり、行きたかったライブに行けなかったり、
仕事では無理難題言われたり嫌いな人とペア組まされたり。
先日は母親が亡くなり、そして今日、アントニオ猪木さんが亡くなった。

 

片翼をもがれた気分です。
ビートたけしさんと並んで、猪木さんは僕の人格形成に大きく影響を与えた人。

 

そしてまた、英雄像そのものでした。
小学生低学年の頃は、ロボットアニメや特撮ヒーローに憧れていたけど、
所詮は実在しないもの。
ところが小学生高学年になりプロレスを見て、実在するヒーローを知る訳だから、
そりゃ夢中になりますよ。
確か赤いタオルとか持ってたもんね。
僕が初めて買ったLPレコードも「燃える闘魂」っていうLPレコードだし。

 

あの頃は全日に比べて新日はギラギラしてましたね。
猪木さんの持つ雰囲気そのまま、という感じ。
猪木さんは体型が恰好よかった。
逆三角形で、プロレスラーとしては理想の体型なんじゃないの?

 

猪木さんのベストバウトは何か?

日本人同士という事であれば、断然88年8月8日の藤波辰巳戦であろうか。
負けなかった猪木、勝てなかった藤波。
プロレスを見て泣いたのはあれが最初で最後(今の所)。
僕にとってはあの試合は、競馬で言えばメインレースで、
あの後の試合は12Rみたいな感じですね、悪いけど。

 

外人選手だったら誰かなぁ?
ボブ・バックランド、アンドレ・ザ・ジャイアント、スタン・ハンセン。
やはりIWGP決勝でのハルク・ホーガン戦かなぁ。
あの結末は誰も予想できなかった。
いい意味でも悪い意味でも「裏切り」だったなぁ。

 

現在の総合格闘技があるのは、猪木さんのおかげでしょ。
猪木さんが「アリと戦う」って言ってなければ、現存してるかどうか・・・

 

猪木さんの実物を見たのは、猪木さんが引退してからなんです。
現役時代の試合は生で見ていない。
いつだったか新日を見に行ったら、選挙応援なのか新潟入りしていて、
途中の休憩時間に出てきた。
考えれば『元気ですかー!』は現役時代はやってなかったから、
あれはあれで得した、と思う事にしよう。

 

『出る(戦う)前に負ける事考える馬鹿いるかよ』は、心に刻まれている。
これからも何かある度にこの言葉を思い出して行きたい。

 

猪木さん、どうもありがとうございました。

摩訶レコード:男が憎い

以前、このブログの「怖いジャケット2020・夏」で取り上げましたが、

https://baka-records.hatenablog.com/entry/2020/08/11/192719

その内容に触れてみたいと思います。

弓晃子の「男が憎い」。

 

曲名の字体が特徴ありますね。
弓さんの直筆でしょうか?

 

1978年に、プリンスレコードというレーベルからのリリースなのですが、
このレーベル名を見てピン!と来た方はこのブログの熱心な読者さん。
王子様こと和田たかしさんでお馴染みのレーベルなのですね。

https://baka-records.hatenablog.com/entry/2017/09/10/141024

 

作詞:小島胡秋、作曲:天井正、編曲:河井英郎。

男が私を駄目にした。だから男が憎い、という判り易い歌詞。
酒でも飲まなきゃやってられねぇよ、と、酒に溺れています。
藤圭子さん路線の哀愁演歌というかブルース演歌という感じかな。
まぁ、恨み節、ですかね。

 

予想に反して弓さんの声が、巻き舌というか舌ったらずに聞こえるので、
実際に会話してみたら『案外可愛いじゃん』ってなりそうにも思えます。

摩訶レコード:又々出太男

今回は歌手名だけで買ったレコード。

 

段田男うんこちゃん、ぱいぱいでか美などの珍名歌手はいる・いたけど、
『昭和の時代に、こんなくっだらない名前の歌手がいたんだ』って呆れた。

 

ちょっと石坂浩二さんに似てるとも思える

 

 

又々出太男

 

 

あははは、「またまた でたお」!

 

検索しても出太男の情報はほとんど得られません。
というか、皆無に近い。

 

まさか本名とも思えないし、所属事務所は何処だったんだろ?
社長はどんな思いでこの芸名を付けたんだろ?
芸人でもあるまいし。本気で売り出す気、あったのだろうか?
仮に、売れた場合の事も一切考えてなさそう。
そしてこの名前を貰った出太男の気持ちはいかに?

 

出太男のリリースした曲は、どうやら一曲のみのようで、1983年。
「人生裏表」という曲。

 

曲自体はそこまで悪くない。
作詞:国沢常児、作曲:間中政一、編曲:松井ひさし。
出太男の歌いっぷりは、村田英雄路線というか、浪曲演歌です。

 

ところが、これがなぜか3枚のシングルで、A面は一枚だけで
他はB面扱いで、別歌手とのカップリングでのリリースという変則っぷり。
謎が謎を呼ぶのであります。

「裏表」だからA面とB面ってこと?まさかね。

 


やっぱり売り出す気なかったんだな、こりゃ。

めちゃシコ!水着ジャケ!

猛烈な勢いの台風14号が日本に近づいてる現在。
この台風が秋を連れて来るのかしら?なんて。

 

そろそろ2022年の夏も過ぎ去ろうとしていますが、
夏の終わりらしく、今回は水着ジャケットを扱ってみます。
当然の事ながら女性の水着で、80年代アイドルに限定してみました。

 

 

甲斐智枝美
いまいちヒット曲には恵まれなかったような記憶があります。
お米屋だけ?で売られていた飲料物「プラッシー」のCMに出てましたね。
あと、不幸なお亡くなり方をしているんですよね・・・

 


●きゃんきゃん
このブログでも過去に取り上げた事がありますね。

https://baka-records.hatenablog.com/entry/2019/04/28/202514

 


●斎藤慶子
この方の写真集が欲しくて、嫌味なババァが店番をしている本屋から
お金を払わずに拝借した事を思い出します。

 


倉田まり子
ファンでした。
石川ひとみさんと似てる、ってよく言われてたなぁ。(石川さんも好き)
NHKの歌番組「レッツゴーヤング」で女性チームキャプテンじゃなかったっけ?
とある事件に巻き込まれて、ご本人は関係を否定するも、芸能活動からの
引退をせざるを得なくなったのは残念でした。

 


河合奈保子
一番のセールスポイント、肝心の胸が映ってないのが何事だ!って思います。

 


川島なお美
女子大生タレント、のイメージが強かったですね。
確かカンニングで話題になったような。
その後に女優やらワイン通やらで活躍しても、
「所詮はお笑いマンガ道場出身」って言われるのが可哀想でした。

 


岩井小百合
横浜銀蝿グループ、所謂「銀蝿一家」の妹分としてデビュー。
僕的には『これってマイナスイメージじゃないの?』と思っていました。
初コンサートが日本武道館で、空席が目立ってたという話を聞いた記憶が。
「今、いじめが爆発する!」ってドラマの主役じゃなかったかな?
猛烈にインパクトあるドラマ名だけど、内容は全く覚えていません。

 


小泉今日子
2枚目のシングル「素敵なラブリーボーイ」。
この頃はまだアイドルアイドルしていました。
このシングルはジャケットが2種類あって、現在ではビキニのほうが高価値に。
両方ともピンナップも付いていて、これも2種類。
現在のCDのTYPE-A、TYPE-Bの元祖みたいなものでしょうか。

 


●芦川よしみ
元々は演歌歌手で、CMで武田鉄矢さんとデュエットしたりしていましたね。
笑福亭鶴光さんの「オールナイト・ニッポン」のアシスタントをやっていて、
ミッドナイト・ストーリーというラジオドラマコーナーで、
本気とも思える喘ぎ声を出して話題になった記憶があります。

 

 

考えてみれば、好きなアイドルの歌も聞けるし、他の目的にも使えるし、
一石二鳥なんですよね。
いい時代でした。

 

以上です。

イエス

9月6日と7日は東京へ行っていました。
目的はイエスのライブです。

 

喪中でしたが、母親が亡くなる前にチケットは買っていたし、
一階の三列目という良い座席だったので行く事にしました。

 

実は今回が生のイエス初体験でした。
これまでにも何回かチャンスはあったのですが、何かと重なったりして
行った事がなかったのです。

 

素晴らしいライブでしたし、楽しかったですね。
オープニングの「火の鳥」で感極まって早くも目に涙浮かんでいたと思います。

 

前にも書いたかと思いますが、僕はライブ前には予習しないタイプなので、
現在はアルバム「こわれもの」と「危機」が頭の中でグルグルしています。

摩訶レコード:E.T.のテーマ/ロッキーのテーマ

今回もジャケ買いの一枚とはいえ、内容にもそこそこ期待していました。
E.T.のテーマ/ロッキーのテーマ」です。

 

マーチレクダンス、と謳っており、監修構成に社団法人日本フォークダンス連盟、
とある点で、運動会などの催し物で使用されるレコードなのでしょうね。

 

演奏をマーチングフェローズオーケストラ、という方々が行っています。

 

聞いてみましたが、中身は僕的には『さほど・・・』という具合でしたね。
さぞや無茶苦茶なアレンジしてるんだろうなぁ、と思ったのですが。
残念。
E.T.のほうが多少テンポアップはされていました。

 

注目はジャケットの絵ですね。
なかなか味のある絵です。

 

ロッキーVSアポロなのでしょうけど、右の選手が左の選手の足を蹴ってるように見れば
猪木VSアリに思えなくもない。

 

ロッキー(青パン)は倒れてるんですね。
アポロ(赤パン)は笑顔でベルトを巻いたまま試合しているようだし、
そのベルトには「ちゃんぴおん」って書かれています。
あははは。

 

リングは四角でなく台形だし、レフェリーはいないし、右隅には
セコンドらしき人物がいますね。僕にはドン・キングにも見えます。

って、エイドリアン?

摩訶レコード:夢のスリーナイン号/ふるさと

ジャケ買いしてしまいましたが、所謂パチソンです。
「夢のスリーナイン号/ふるさと」。


どちらも正式歌唱版は「銀河鉄道999主題歌挿入歌集」という
LPレコードに収録されており、
ささきいさお杉並児童合唱団、渡辺直子さんが歌われています。

 

で、このEPレコードですが、「夢の~」は男性、「ふるさと」は女性、
の歌唱となっています。
当然、どこの誰かは判りませんが、男性のほうは若干ささきいさおさんに
声質が似てるなぁ、と感じました。
もしかして両方ともご本人? まさかね。
聞き比べてないので判りません。

 

エレックレコードというレーベルから出ており、リリース年は不明です。
300円という価格が流石パチソンという感じですね。

 

このジャケットは凄いですね。
描かれている女性が普通のOLっぽいし、服というか身体が透けてます。
車内も雑だなぁ。
松本零士先生がめっちゃキレそう。
曲名の字体も、なんかギャグ漫画にありそうな安っぽさ。

 

テレビマンガシリーズで、スペースアクション編って事なので、
他にもリリースされているのかと探してみたら、ありました。
「地球へ・・・」と「ベルサイユのばら」でしょうか?