摩訶レコードブログ

摩訶レコードbot(Twitter)のブログです。

摩訶レコード:UFO江ノ電

5年前くらいにオクで見つけ、その時は落札できず、
また出品されるのを網を張って待っていたところ、
つい先日ようやく出品され、頑張ってなんとか落札できました。

音羽ゆりかご会による「UFO江ノ電」です。

シングルEPなのに33と1/3回転というのも珍しいかな。

 

UFOと江ノ電
組み合わせにミスマッチ感のある曲名にワクワクします。
『どんな曲なんだ?』
全く予想がつかない点がとても良いです。

 

ジャケは富士山を遠くに臨む江ノ島
A面の「新江ノ島音頭」を歌う川田正子さんと
B面の「UFO江ノ電」を歌う音羽ゆりかご会の写真。
まぁ、それはいいんだけれど、もうひとつの写真。
このおっさん、小池虎夫って何者?

 

謎はすぐに判って、両方の曲の作詞家でした。
でも、歌い手でもないのに、なぜお前が出るw
そこまで大物・有名でもないだろ。
まぁ、こういう点でも曲への期待が高まるのですが。

 

1978年リリースという事で、アニメ「宇宙戦艦ヤマト」や
映画「未知との遭遇」・「スターウォーズ」などに代表される
当時の宇宙・UFOブームに乗っかり、
さらには江ノ電という割と身近な乗り物をUFOに見立てて、
江ノ島近辺に観光客を呼び込もう、とでも考えたのかな。

 

作詞:小池虎夫、作曲:村尾義晴、編曲:夏原明徯。

 

曲調はファンキーなポップスという印象。
列車(電車)が走っている感じも受けます。
演奏、特にパーカッション(コンガ?)がかっこいいなぁ。
生バンドで見てみたい。

 

音羽ゆりかご会の歌唱は無邪気で良いのですが、
やはり歌詞ですよねー。

 


江ノ島電車の 発着駅は
街を見おろす 高い駅
遠い富士山 小さく見えて
宇宙船から 見るようだ


藤田修という子供の声による台詞が途中に入るのですが、
デヴィッド・ボウイの「スペース・オディティ」への
オマージュか、とも思える台詞でグッときた。

 

”こちら江ノ電ジェミニー12号、藤沢基地どうぞ
応答願います”


宇宙旅行は ぼくら夢さ
きたきた電車の 宇宙船
ジェミニーとアジェナのドッキング
GO GO GO GO レツゴー
UFO UFO UFO UFO レツゴー


ジェミニーとアジェナ”とは何ぞや?と調べると、
1965年の宇宙空間でのドッキング実験で使われた、
ジェミニとアジェナ衛星、とありました。


月の世界へ ほら着陸だ
おりたこの駅 無人
野鳩の親子が お出向い

江ノ島電車とおじいさん
古いなかよし 同い年


このへんの歌詞からはちょっとしたペーソスを感じます。

 

歌詞は4番まであり、結構なげぇw


ニュースで見たのですが、GWの鎌倉はオーバーツーリズムで、
江ノ電の乗車待ち時間が2時間もかかるので、
鎌倉大仏まで歩いて行く事を勧めていたとか。
近々鎌倉に行くので、江ノ電に乗ってみたいのですが、乗れるかな?


久々にYoutubeにアップしてみました。

www.youtube.com

摩訶レコード:あなたに弱いの

らみ紫という方の「あなたに弱いの」。

 

ジャケ絵が非常に印象的で良いですね。
グッときてしまいます。
一瞬、魔夜峰央さんかと思いましたが、
花輪和一さんと言う漫画家で、「ちびまる子ちゃん」の
花輪君の苗字はこの方から取られたようです。

 

らみ紫さんの情報は検索できませんでした。

 

作詞:滝口暉子、作曲:郷田新、編曲:浜五郎。

 

1975年リリース。
紫さんはこのEPしかリリースしていないようです。

 

75年リリースですが、曲調は60年代っぽいかなぁ。

マイナーメロディでの冒頭と、ジャケ絵と曲名で、
恨み節みたいな歌なのかな?と予想したものの、
『コリャさっと、あ、キタ あ、ソレ』
歌が始まった途端、吹っ飛んでしまいました。

 

鼻にかかった癖がある”ねちっこい”歌い方ですが、
さほど妖艶とまでは感じないかなぁ。

 

『イヤン、バカ~ン』と、かの林家木久扇師匠ばりの
フレーズも飛び出します。
木久扇師匠の「いやんばかーん・・・」のリリースが1978年なので、
もしかすると、この曲をヒントにされたのかもしれません。

摩訶レコード:二流の人

ニュースでNHK大河ドラマ軍師官兵衛」に子役で出演していた人物が
逮捕されたという事を知りました。

 

有名ドラマに子役で出演していた人物が殺人に関与していたって、
子連れ狼」の西川和孝以来でしょうか。
なんだか妙にワクワク(という言い方も変だが)してしまいます。

 

今回はその軍師官兵衛黒田官兵衛に関わる曲。
海援隊の「二流の人」です。

 

かつて「松本人志高須光聖の放送室」というラジオ番組で
松本氏か高須氏のどちらかが、印象深い曲として紹介していました。

 

海援隊武田鉄矢さんをリーダーとした3人組のグループ。
彼らの1979年リリースの「倭人傳」というアルバムに収録されています。

 

作詞:武田鉄矢、作曲:中牟田俊男

 

歌の内容は、戦国武将である黒田孝高黒田官兵衛)が、自分目線で
自分の事・気持ちを歌っているもの。
三者が官兵衛をディスっているという事ではなく、
官兵衛が自身を卑下している、という歌詞になっています。

 

このように、歴史上の人物を扱った歌詞を書いたって、
当時のニューミュージック・フォークソングには珍しかったのでは?

摩訶レコード:デンジャラス・アイズ

先週くらいからBS松竹東急で毎週月曜の夜に
ジャッキー・チェンの主演映画を放送しているので
毎週観ています。
無料で観れるのがいいですね。

 

映像もリマスターされているのかな?
今後は「拳精」と「少林寺木人拳」が放送されるので楽しみです。

 

1980年代~90年代には、月1回くらいのペースでどこかの放送局で
ジャッキー映画を放送していたような印象がありますが、
いつの間にかそれが無くなってしまいました。
ジブリやディズニーもいいですが、たまには地上波でも
放送して欲しいなぁ。
たとえば漫画「ドラゴンボール」の初期から中期なんかは
ジャッキー映画にかなり影響されていますよね。
ジャッキー・チュンってキャラも登場してるし。

 

今回取り上げるのは、そのジャッキー映画「蛇鶴八拳」のテーマ曲、
「デンジャラス・アイズ」です。

 

EPレコードもリリースされていました。
1983年のリリース。

 

曲は映画の冒頭からいきなり流れるのですが、驚きました。
『スカイハイの丸パ●リやんけ!』

 

往年の名プロレスラーであるミル・マスカラスの入場曲として
日本ではお馴染みの、ジグゾーというバンドの「スカイ・ハイ」。
清々しい程に瓜二つです。

 

さらに中間部から後半にかけては、杉山清貴オメガトライブやん!』と。
1980年代に活躍したJ-POPのグループですね。
「サマー・サスピション」という曲にそっくりです。
思わず『アイキャンセ~イ』と歌いたくなります。

 

作曲された方を見て納得。
林哲司氏でした。
杉山~の曲を多く手掛けた方ですね。

 

つまり、スカイ・ハイ+サマー・サスピション=デンジャラス・アイズ、
となる訳です。
ある意味「スカイ・サスピション」と言ってもいいでしょうか。
おいおい、こりゃー違う意味でデンジャラスだよ!

 

https://www.youtube.com/watch?v=7XoorkKiZUA

Youtubeに上がっていたので、聞いてみて下さい。
僕と同様の感想を抱いている方は多く、検索するとゴリゴリ出てきます。
あははは、いいのかよ!

 

って、ここまで書きましたが、実の所は林氏が、「デンジャラス~」が
あまりに良い出来栄えなので、アレンジして
「サマー・サスピション」に仕上げたんだそうです。

 

ちなみに林氏、「少林寺木人拳」の主題歌である「ミラクル・ガイ」も
作曲していますし、映画の「ドラゴンボールZ」の曲も手掛けていました。
繋がるな~(どこがだよ)。

摩訶レコード:どこへ行くの

すっかり暖かくなってきたので春っぽい曲を。

川崎幸子・敏子の「どこへ行くの」です。

どちらがどちらか不明。

右の女性はどことなく尼神インターの誠子さんに似てると思う。

 

歌っている川崎さん達に関しては情報が少なく、
双子の姉妹、という事は判りました。
その他の情報としては、1973年に「レモン・パイ」と改名し、
「すみれ色の恋」というタイトルのEPをリリースしています。

 

これは1970年リリース。
作詞:横井弘 作曲:船村徹

 

渡哲也さんの曲の同名異曲の「くちなしの花」がA面のEPで、
そのB面。

 

聞いた感じ、曲調はやたら単調だなぁと思いました。
演歌ではなく歌謡曲・ポップの部類かと。

 

イントロ・中間部で加工した歌声が流れますが、
何を歌ってるのか判りません。

 


どこへ行くの? 旅に出るの?
どこへ行くの? 遠く行くの?
どこへ行くの? 汽車に乗るの?
どこへ行くの? 旅に出るの?
シュララル~ シュララル~
ルルルルルルル シュポポポ~

 


問いかけで、いちいち言葉尻を上げるのがイラッとするw
シュポポポ~、というのは汽車の音ですかね。

 

3分半足らずの曲ですが、なぜか長く感じました。

アイアン・クロー

映画「アイアン・クロー」を観てきました。
”アイアン・クロー”はプロレス技で、手で対戦相手の身体の何処かを
力一杯掴んで握り潰す、というものです。

 

その技の使い手で、「鉄の爪」との異名を持った
往年の名レスラーであるフリッツ・フォン・エリック一家に降りかかる
不幸を描いたノンフィクションです。

 

親父のエリックは勿論、男だけの息子達もプロレスラーという一家。
ケビン(次男)、デビッド(三男)、ケリー(四男)は僕も覚えています。

 

主人公は次男のケビン。
てっきり長男かと思ってましたが、長男は幼くして亡くなってたんですね。
ケビンは兄弟の中では一番線が細かったと記憶しています。
珍しく裸足でリングに上がるという事も覚えていて、
『あ~、そうだったなぁ!』と懐かしく思いました。

 

ケリーが一番身体が大きく、レスラーとして才能があったと思います。
世界王者にもなっているし。
ただ、事故で足を切断して、義足でリングに上がっていたという事は
記憶になかったので驚きでした。

 

対戦相手として劇中に出てきていたのは、
Bブロディ、Hレイス、Rフレアー、Fフリーバーズなど。
さすがに日本人選手(馬場、鶴田)は用意できなかったか・・・

 

ちょっとは脚色はあるかもですが、実話が元になっているので
そこまでドラマチックに展開する映画ではなかったと思います。
とはいえ、中盤から兄弟達がドミノ倒しの如く次々と亡くなっていく流れには
さすがに重苦しさを感じました。

 

それとは逆に、デビッドのシャワールームでのオナニーや
ケビンのカーセックスでの童貞喪失には、
『このシーン、どうしても入れる必要あった?』と思いましたが。

 

観終わった直後は、イマイチだったかなぁ、という印象でしたが、
徐々に『あれ?なんか面白かったかも?』と気持ちが変わってきています。
もう一度劇場に足を運ぼうとまでは思いませんが、
いずれWOWOWあたりで放送あったら、また観たいと思いますね。

山形に行ってきました

日曜日は日帰りで何十年ぶりかで山形に行って来ました。

 

僕が一年前くらいから女子プロレスを好きになっているのは
以前からブログで書いていますが、
そのきっかけになったスターダムという団体のジュリアという選手が、
この3月末で退団する事になり、所属での最終戦という事で、
見に行きたいと思っていた所、対戦相手がジュリアの妹分の鈴季すず選手。
特にこの2人には因縁というか確執というか、色んなドラマがあるのです。
滅多に見れない・今後二度と見れないかもしれないシングル戦。
他にも、あのビッグダディの娘さんの村下詩美選手など、
退団する選手が4名ほどいるので、
ちょっと無理してでも見に行こう!と思い立ったのです。

 

電車での移動と、高速道路を利用した車での移動の方法がありますが、
なるべくお金を使いたくない、3時間半くらいで行けるとの事なので、
一般道で車での移動という方法にしました。
一緒に行く友達もいないので一人での行動です。

 

12時の開場というスケジュールなので、余裕と途中休憩を考慮し、
午前7時に新潟市内をスタート。
山形には遊びで蔵王温泉スキー場や、仕事で自治体のイベントに
参加した事があったので、大体の行き方は判っていましたが、
ナビがあるとやはり便利です。

途中の道の駅にあったオブジェと自動販売機。


そんなに飛ばしはしなかったのに、10時40分頃に到着。
3時間40分です。
当日は晴れていて、さらに道路に積雪が無かったのが良かったです。
会場は山形ビッグウイング
綺麗で広いです。
早く着き過ぎたので周辺をブラブラしていたら。
何名かの選手を見かけたりしました。
こういうのは地方大会特有ですね。


13時に第1試合開始で、全8試合の終わったのが16時半くらい。
試合以外に、退団する選手の挨拶や、仲間選手の贈る言葉があったので
そのぶんいつもの興行時間より長引いたかな。

 

一番安い席でしたが、そんなに見ずらい事は無かったです。
観客もギスギスしていません。
家族連れも多いので、どことなくアットホームな雰囲気。
これも地方特有で、後楽園ホールや関東圏の大会場とは違うかなぁ。


最近の言葉で言うなら「エモい」試合が多かったですね。
泣くイメージが無い選手が入場の時から泣いていたりして。
それ見て僕もグッときたりして。

 

お金と時間があれば山形市内で中古レコード屋でも探すのでしょうけど、
とっとと帰ります。
帰りは夕方~夜間の移動なので、行きより時間かかるかな?と思ったけど、
同じくらいの時間で自宅に20時半前には到着。
目は疲れたけど、身体はそこまででは無いです。
翌日も朝から普通に仕事行きました。
僕くらいの年齢(50歳台後半)でどうなんだろう?普通?

 

ジュリア選手は引退する訳ではなく、スターダムにも好きな選手はいるので
(今の推しは岩谷麻優選手)
これからも試合を見に足を運ぶ事になります。
ジュリアもてっきり海外に行くかと思いきや、
この翌日にノアという団体(故・三沢光晴氏が創設)に上がったし。

 

音楽のライブにも行く、プロレスも見に行く、レコードやCDも買う。
こんなんではお金が貯まる事はないですね。
巷では株価が過去最高だの大手企業は賃上げだの言っていますが、
僕の勤めている会社ではそんな話はカケラも上がってないです。