馬鹿レコードブログ

馬鹿レコードbot(Twitter)のブログです。

馬鹿レコード:宇宙猿人ゴリなのだ

今回紹介するのは特撮もので、70年代に放送された
宇宙猿人ゴリスペクトルマンより、
宇宙猿人ゴリなのだ」です。

f:id:Baka_Records:20171117203358j:plain

ゴリなのだ』、って。
バカボンのパパかよ!

何種類かのレコードジャケットで出てるようですが、
僕が持ってるのは実写のものです。
イラストもののジャケットもチープで良いのですけどね。

f:id:Baka_Records:20171117203429j:plain

 

まずスペクトルマンですが、僕は主題歌こそ"そら"で歌えますが、
実際にはほとんど見ていなかったようで、
うっすらとしか記憶がありません。

理由として、見た目が格好良くないという事。
ボディスーツは金色なのですが、なんかくすんでいるし、
鎧(?)やパンツのようなものが茶色。
ヒーローが茶色て!
体型もなんかずんぐりしててシュッとしてないし。

一番の謎が変身方法の設定。
人間の姿からスペクトルマンに変身する時に、
ネビュラという星にいちいち『変身願います!』って
申請を出して、許可を得ないと駄目なんだと。
あははは!
サラリーマンじゃないんだから。
課長、残業の承認、お願いします
うむ、許可!
みたいな。
さらに、そのネビュラからの承認光線を浴びての変身になる訳だけど、
天気が悪く空が曇っていたりするとネビュラが目視できないから
変身できないらしいのです。
なんじゃそりゃ!
曇り空が多い新潟県の冬じゃ到底戦えませんよ。

で、肝心の宇宙猿人ゴリですが、そのスペクトルマンの敵。
ゴリラ顔に似合つかしくないロン毛で金髪という点は、
顔がブサイクなんだからせめて髪くらいはお洒落させて!』という
平成の若者に多く見られがちの意識を先取りしていたかのような奴。


もうそろそろレコードのほうに行きます。

作詞は雨宮雄児という方。
七五調、七七調のリズム感が良い歌詞で気に入っています。
そして突っ込み所が多々あります。

惑星Eから 追放された
その悔しさは 忘れはしない
宇宙を旅して 目についた
地球を必ず 支配する

どうやらたまたま地球が目についたようで、
行き当たりばったりというか、
あまり計画性は無かったようですね。

万能椅子の威力みせ 人類征服企てる

万能椅子!!!
「万能椅子」って所謂「スケベ椅子」なんだけど!!!

f:id:Baka_Records:20171117204709j:plain


あははは!
子供向け番組で、それ、いいのかよ!
スケベ椅子で人類征服できるのかよ!

自分の理想と 目的持って
強く生きてる そのはずなのに
宇宙の敵だと 言われると
身震いする程 腹が立つ

身震いする程 腹が立つ!!!
すごいなぁ。
ただの怒りじゃなく「身震いする程」の怒り。
激おこぷんぷん丸からのムカ着火ファイアーって感じか?
そういえば『怒りが頂点に達すると白から赤になるのだ!』って
ナレーションがある特撮ものがあったなぁ・・・(脱線)

曲には他にも、ゴリの命令とラーの応答の声が入っています。

歌っているのはハニー・ナイツという男性コーラスグループ。
勇ましい曲調に甘い歌声での『ゴ~リな~の~だ~』が何ともミスマッチ。

いやぁ、特撮もの史上に残る名曲です。

ちなみにゴリには手下がいて、名前は「ラー」。

f:id:Baka_Records:20171117203822j:plain

ゴリとラー。
・・・・・

2人はかなり主従関係というか絆が強かったのでしょう。
最終回でラーがスペクトルマンに倒され、
もうラー無しでは生きていても意味無い』と絶望。
スペクトルマンからの『お前の科学者としての力を他の事に使え』
という説得も聞き入れず、
ゴリは爆弾を抱えて崖から飛び降りて後追い自殺、だそうで
ロミオとジュリエットか?ボーイズラブか?という最後だったそうです。

馬鹿レコード:若山富三郎 極道特集

今回紹介するのもLPレコードで、
若山富三郎さんの「若山富三郎 極道特集」です。

f:id:Baka_Records:20171115204733j:plain

 あら、TBSの「報道特集」と一文字違い。。。

 

若山先生(こう呼ばせて頂きます)の作品は
botのほうでも何枚か紹介しています。

f:id:Baka_Records:20171115204249j:plain

とか

f:id:Baka_Records:20171115204308j:plain

 いずれの作品もジャケット写真がド迫力ですね。

 

極道特集というタイトル通り、極道・任侠を扱った曲を
12曲収録しているレコードとなっています。

A面
1:極道ブルース
2:極道行進曲
3:極道坊主
4:諸行無常
5:極道渡世人
6:落葉人生

B面
1:極道エレジー
2:極道子守唄
3:極道のバラード
4:全極連ブルース
5:雪に追われた流れ者
6:道産子人生

 

いやぁ、もう、ブッ飛んでるなぁ。
極道、極道、極道・・・
タイトルだけで胃もたれしそう。
1枚の中に、これほど極道を詰め込んだレコードが
他に存在するでしょうか?
規制だらけの今の世の中じゃ、リリースは無理にも思えます。
モーターヘッドのレミー(キルミスター)が極悪レミーなら、
さながら若山先生は極道トミーじゃい!って感じです。
(注:映画・極道シリーズは、若山先生扮する昔気質のヤクザが
悪人を相手に戦うという勧善懲悪モノです)

 

また、僕は曲中に台詞や語りが入る曲が結構好みなのですが、
このLPレコードにも何曲か入っています。
その台詞部分を抜粋しましょう。

<極道ブルースより>
あほんだら!極道もんはな 堅気はんに
迷惑かけたらあかんのぢゃい!
おい、われ 年なんぼぢゃい!
命いらなんだら かかってこんかい!

<極道エレジーより>
ドアホ! 極道は極道でもな
おんどれらの極道とは わけがちがうんじゃい!

ごたごた云うたら おのれ
そのドタマ ゆわしてまうぞ!

 

いやぁ、格好いいなぁ!
ちょっと前に若山先生版の映画「子連れ狼」をWOWOWで一挙放送したんです。
「極道シリーズ」も放送してくれないかなぁ。

よく、任侠映画を観終わって映画館から出てきた人は
やたら肩で風を切ったように歩いてる、とか言われていましたが、
このレコードも聴き終わった後は、なんか威勢が良くなるというか
やんのかコラ』風になってしまいますね。
夜の繁華街を歩く前とかは、聴くのに注意が必要かもです。

 

馬鹿レコード:GREAT TEXAN

今回紹介するのは、プロレスラーものでかつLPレコード。
テリー・ファンクの「GREAT TEXAN」です。

f:id:Baka_Records:20171112202713j:plain

 

70年代~80年代に日本のマットで大活躍したプロレスラー。
当時世界で一番権威のあったNWAという団体の王者になった事もあります。
全盛期の人気は物凄く、その頃はテリーは既に中年の域に入っていた程なのに
なんと若い女の子による親衛隊もありました。
キン肉マンテリーマンのモデルになった人でもあります。

テリーは、プロレスラーにありがちな”何回かの引退”を繰り返すのですが、
このLPレコードは一回目の引退の後(1984年)にリリースしたもの。

当時は故・ジャンボ鶴田さんのように、
レスラーがシングルレコードを出す事はありましたが、
アルバム(LP)まで出す事は珍しかったと記憶しています。
しかも、LPの帯に「プロレス、マット界のスーパー・スター、リーファンクの
ホットなヴォーカルアルバム」と書いてあるように、
無謀にも収録されている曲全てでヴォーカルを取っています。

収録曲はA面4曲、B面4曲。

(A面)
1:GREAT TEXAN
2:TOUCH YOUR HEART (サヨナラ・ボク・イエナイ)
3:WE LIKE TO ROCK
4:CHANGE YOUR MIND
(B面)
1:BARBRA STREISAND'S NOSE (バーバラ・ストライザントの鼻)
2:ROPPONGI (六本木)
3:WE HATE SCHOOL
4:GREAT TEXAN (インスト)

テリーの歌声は、良く言えば味がある、悪く言えばドイヒ~、です。
音程、リズム感、やる気の無さ。
本人はあまり乗り気じゃなかったんだろうなぁ、と思ったりして。
当時のテリーは引退を決意したように身体がボロボロだったですが、
そのボロボロ具合が歌声にもよく表されています。

とはいえ、割と聞ける曲もあったりして。
ノリの良いブラスロックなA面1曲目の「GREAT TEXAN」。
メロウな音楽にテリーの朴訥な日本語の「サヨナラ、ボク、イエナイ」という声が乗る
A面2曲目の「TOUCH YOUR HEART」。
マイケル・ジャクソンの「BEAT IT」そのまんまなイントロのB面1曲目の
BARBRA STREISAND'S NOSE」。
B面3曲目の「WE HATE SCHOOL」なんかはラップ調のテリーの歌声が
逆にマッチした格好良い曲です。

全曲が英語による歌唱ですが、日本語による対訳も付いています。
一部抜き出してみます。

A面1曲目:GREAT TEXAN
時々悲しくなるんだ
みんなオレを冷酷だと思っているけど
オレのハートは甘く優しいんだ
でも僕は確かにファイティングマシーンさ

A面3曲目:WE LIKE TO ROCK
オレたちは昼中寝てて 夜走り回るんだ
女の子を捜して
一晩中パーティーさ

B面1曲目:BARBRA STREISAND'S NOSE
彼女、バーバラ・ストライザントみたいな鼻してるんだ
リベラーチみたいな微笑みで男を狂わせても
バーバラ・ストライザントみたいな デカ鼻じゃね・・・

B面3曲目:WE HATE SCHOOL
ガールフレンドが背中に飛び乗る
おっとベイビー 勘弁してくれよ
あの女(アマ)の鼻柱を 引っ叩いてやりたいぜ
なぜってオレたちゃ学校がキライでロックンロールが好きだから!


テリーの入場曲「スピニングトーホールド」を作ったバンド「クリエイション」の
故・樋口晶之さんが参加していたり、当時のテリーのマネージャーであった
元ミュージシャンでもあるジミー・ハート氏が楽曲提供やコーラス参加しています。

CD化はされていないようなので、プロレスファンなら中古レコード店で見つけたら
即購入をお勧めしますね。
僕はもう20年くらい昔に、新潟のキングコングレコードさんのワゴンセールで
500円で購入しました。

馬鹿レコード:雪みれん

みうらじゅんさんが提唱した「バカレコード」の定義として、
中古レコード店の店頭ワゴンで1枚10円程度で雑に並べられ、
いざ買ってみると店の親父から
『こんなの買う奴、どこのどいつだ』と、
まるで珍獣を見るような怪訝な目を向けられる、
とかいうものがあったと思いますが、
今回紹介するのは、その定義にピッタリくるものと
思っています。
僕が馬鹿レコードbotを始めようとした時にも、これが
即座に頭に浮かびました。
若人あきらさんの「雪みれん」です。

f:id:Baka_Records:20171108190911j:plain

 

現在は我修院達也さんとして活動されていますが、
40歳以上の方には若人あきらさんのほうが馴染みがあるのでは。
若人=わこうど、ではなく、「わかと」と読みます。
この前にも何度か改名されているようですね。

ここでは敢えて若人さんと呼ばせて頂きますが、
若人さんの芸能生活を時系列にするなら

(1)郷ひろみさんに代表されるモノマネ芸
(2)熱海での失踪事件
(3)個性派俳優・声優としての活動

になると思います。

僕としては、若人さんへの思い入れが深い時期は(1)ですね。
漫才ブームの頃に、当時は同じくモノマネ芸人だった片岡鶴太郎さんと
時々コンビを組んでテレビやラジオ番組に出ていました。
ビートたけしさんのオールナイトニッポンでもよくネタにされていました。
シークレットシューズを履いているとか年齢を偽っているとか
奥さんと○○してる所を子供に見られて咄嗟に
『♪お~うま~のお~や~こ~は』と歌って誤魔化したネタとか。
このレコードをリリースしたのは、そんな時期の終わり頃ですね。
人気的には絶頂期だったのかなぁ。

元々は演歌歌手としてのデビューだったようだし、営業なんかで
歌う機会も多かったのでしょう。歌は上手いです。
というか、モノマネ芸人は歌上手くないと成り立たないと思いますね。
松村邦洋さんのような例外もいますが。

曲のほうは、クッソ真面目な歌詞の演歌です。
五木ひろしさん路線のしっとり演歌ですね。
お笑い要素一切無しで行こうと思ったのかが謎だし、
この前に「SIDE BY SIDE」というポップス調の曲を出しており、
なぜ路線変更したかも謎。

歌詞を一部抜き出してみます。

雪国生まれの 女の胸には
過去という名の 駅舎がある

五分停車の あなたの胸が
みぞれ混じりの 夜には恋しくて

灯りをともせば 心の窓には
夢という名の 雪が降る

涙をこぼせば 瞼の裏には
嘘という名の 春がある

北へ 私帰ります
一人ぼっちに またなって

あなた切ない あなた切ない
嗚呼、雪みれん


う~ん、失礼ながら「イケる!」と思ったのでしょうか?
熱海の事件も然り、我修院達也に改名してからも何となく
謎多き「奇人」って感じが強くなった方ですが、
この当時から色々と謎多き人なんですかね。

馬鹿レコード:カンフー・エレジー

今回紹介するのは、台湾出身の白氷氷(パイ・ピンピン)さんの
「カンフー・エレジー」です。

f:id:Baka_Records:20171106202733j:plain

 

パイ・ピンピン
何度も声に出して読みたくなる名前。

パイ・ピンピン

作家であった故・梶原一騎さんの元奥さんなんだとか。
元々はアイドル歌手で、現在でも台湾では有名芸能人で、
「おしゃべりなおばちゃん」といった感じ、との事。
日本でなら和田アキ子さんや上沼恵美子さんのようなタイプなんでしょうか?
また、ブルース・リーの兄妹弟子という情報もありますね。

レコードジャケット裏面のプロフィールによると
1957年生まれとなっていますが、
ネットで調べると1955年って出てくるんですよ・・・って、
サバ読みやがったな!

いずれにせよ、このレコードをリリースした当時は20~22歳で、
現在の乃木坂46白石麻衣さん(25歳)や西野七瀬さん(23歳)よりも若かった
という事実に驚愕しております。
しかし気が強そうですねぇ。眼力も強いです。
ジャケット写真だけなら関西芸人が言う所の「ねぇさん」って印象。

さてこのレコードはピンピンさんも出演している
「カラテ大戦争」という映画の挿入歌でもあり、
その主演は故・真樹日佐夫さんで、この曲の作詞もされています。

歌詞を一部抜き出してみると、

わたしの肩を やさしく抱いた
しなやかな手が 嵐の拳を
見せてくれたわ 一度だけ

ナイトクラブで ステップ踏んだ
素敵な脚が 飛燕の蹴りを
見せてくれたわ 雨の夜

この胸に 帰るなら
地獄に堕ちても 悔いはない


飛燕の蹴り・・・飛燕疾風脚?でしたっけ。
何かの漫画だかゲームに出てきてましたね。

曲調ですが、演歌寄りの歌謡曲で女の情念系という感じでしょうか。
石川さゆりさんとか坂本冬美さんが歌ったらハマりそう。
ピンピンさん、日本語での歌唱は上手いです。
声質は僕の予想に反して案外可愛いらしい声でした。

ちなみに映画のほうですが、僕はまだ未見です。
Amazonレビューで「日本人が日本語で演じてる役に吹き替え」という
前代未聞の映画、との事なので俄然興味が沸いています。

レコードの日

本日、11月3日はレコードの日という訳で、
僕も近所のレコードショップへ行って、CDとレコードを購入して来ましたよ。

 

f:id:Baka_Records:20171103225933j:plain

まず、ヴァンデンバーグス・ムーンキングスというバンドの「MKⅡ」です。
バンドのリーダーでありギタリストのエイドリアン・ヴァンデンバーグは、
存命してるギタリストでは、5本の指に入る程に大好きなギタリストです。

もう何年も前になりますが、エイドリアンがホワイトスネイクというバンドで
新潟にライブをしに来た事があって、僕はその日は有休を取って見に行きました。
新潟の街をうろうろしていたら、偶然にもエイドリアンとマネージャーが
ミスタードーナツに入る場面を目撃。
僕も店に入って、小声で『Autograph Please・・・』と言って、
当日のチケットにサインをして貰いました。凄くいい人でした。
あの時は凄く震えましたねー。
手も膝もがっくんがっくんでした。
人生の中でも5本の指に入る程の興奮&緊張した時間でした。

 

f:id:Baka_Records:20171103225953j:plain

次は輸入盤CDで、アルカトラスというバンドの
「BREAKING THE HEART OF THE CITY」です。
もうずいぶん前に解散したバンドですが、これは3枚組CDで、
未発表曲やデモやリハーサル曲などが入っています。

 

f:id:Baka_Records:20171103230028j:plain

最後はアナログレコードで、満島ひかりさんの「群青」です。
A面が一曲、B面がニ曲。
ミニアルバムって具合ですね。
満島さんは、映画「愛のむきだし」を観た時以来のファンです。
ちょっと前にリリースした「ラビリンス」も良かったですね。

 

なんか普通にOLの日記みたいな内容になってしまいました。
ごめんなさい。

馬鹿レコード:交通地獄そして卒業

今回紹介するのは、ご存命であれば現役世界最高齢シンガーソング・ラッパー、
坂上弘さんの「交通地獄そして卒業」というミニアルバムCDです。

f:id:Baka_Records:20171101202717j:plain

佐賀県出身で1921年生まれだそうですから、現在96歳!(ご存命であれば)
音楽との付き合いはお若い頃からのようで、
ブラスバンド部でトランペットを担当していたり、
キャバレーで演奏するジャズバンドのメンバーだったとの事。
とある歌唱イベントで優勝した際に審査員から、
『もっと注目されるためにラップを歌ったらどうか』と勧められ、
早速 LL クールJ のCDを買って聞いた所、
『リズムが格好良くて、新しい音楽だ!』
と、坂上さんの開いてはいけなかったチャクラが開いたようです。
(その審査員、いったい誰なんだよ・・・)

このミニアルバムCDは2005年にリリースされ、これを聞いた
故・忌野清志郎さんがいたく感激して、坂上さんを『兄貴』と呼び慕ったとか。
ラッシャー木村じゃないんだから。

収録されているのは7曲。

1. 交通地獄
2. 卒業
3. やまと寿歌
4. 恋しのアンヂェラ
5. 借金地獄
6. 交通地獄(リミックス)
7. 卒業(ライヴ・バージョン)

地獄と付いてる曲名が多いぞ。
『KISSか聖飢魔Ⅱか!』とツッコミを入れたくなります。

「交通地獄」は、自らの実体験を元に作られた歌詞のようで、
甲州街道をバイクで走っていたらトラックに追突され重症を負い、
保険慰謝料3000万円を手にするが、全てリンダという名のキャバ嬢につぎ込み、
スッカラカンになってしまうという内容。
ラップというよりは浪曲のような感じもしますが、
まぁ、ご本人がラップって言い張ってるんだからラップという事にしましょう。

「卒業」は、故・尾崎豊さんの曲のカバー。
少年から大人への成長期の狭間で揺れ動く、どうしようもない気持ちを、
米寿を迎えた(当時)お年寄りが熱唱するのはどうなのさ?とも思いますが。
ラス前付近の『ア~ア、ア~ア』での歌唱は、さながら断末魔の叫びのよう。
7曲目は一応ライブ・バージョンとなっていますが、
『単なるスナックでのカラオケじゃねぇの?』と思うのです。

「やまと寿歌」は、良いように解釈するなら、
イントロのサックスがキング・クリムゾンっぽく、
途中のリズムチェンジでディープ・パープルっぽくなります。
でも、結果としては老人会の合唱といった感じの楽曲。

その他、全曲が胸焼けしそうな内容で、気分と体調が良い時に聴くようにしないと
こちらが寝込んでしまいそうになるようなアルバムでした。

でもまぁ楽しそうは楽しそうで、こういう老後だといいなぁ、と思ったりして。

2009年には「千の風になる前に」というアルバムもリリースされています。
ジャケット、凄いなぁ!

f:id:Baka_Records:20171101202858j:plain


2011年10月23日以降更新されていないのが気になりますが、一応ブログもあり、
やたらエロそうなチャンネーをはべらかしてご満悦な表情の写真を見れます。

最後に
坂上さん、明らかに頭、人工的な何かをカブってますね。