馬鹿レコードブログ

馬鹿レコードbot(Twitter)のブログです。

馬鹿レコード:評論家ロック

普段はEPレコードやシングルCDばかりを紹介していますが、
今回は珍しくLPレコードを取り上げてみます。

いつもは音楽を評論する立場の方々(音楽評論家)が
逆に自分達でロックのレコードを作っちゃいました、という企画盤。
Do It OURSELVESというユニットの「評論家ロック」です。

 

f:id:Baka_Records:20171028154358j:plain

 

鈴木慶一近田春夫プロデュースという力の入れよう。
参加されている評論家の方々は4人。

伊藤政則さん。
森直也さん。
大貫憲章さん。
小倉エージさん。

A面5曲、B面5曲が収録されており、それぞれ

(A面)
1:吸血鬼伝説/伊藤政則
2:海にとけこんで/伊藤政則
3:シェイプ・アップ/森直也
4:ニードフル・パワー/森直也
5:What Is It/オールスター
(B面)
1:ビッグ・シティ/大貫憲章
2:ドリーム/大貫憲章
3:陸羽茶室/小倉エージ
4:香港功夫/小倉エージ
5:Now Is The Time/オールスター

となっています。

伊藤さんは後で述べるとして、それぞれの方を聴いた感想としては

<大貫さん>
いかにも大貫さんらしいといった感じの、パンク・ニューウェイヴ風。
ピストルズストラングラーズ?っぽいかなぁと思いました。

<森さん>
森さんの事は全く存知上げておらず、検索してみても何も出てきません。
歌ってるのは女性で森悦子さんという方のようですが、
奥さんなのか親族なのか?も謎です。
ん~、タイプ的にはニューウェイヴなのかなぁ?

<小倉さん>
この方も名前だけは聞いた事あるけど、あまり良く存知上げておりません。
陸羽茶室では中国語で歌っています。
初期YMOの中国的な部分を意識してるのかしら?


全体的には、プロデューサーの近田さん色が強い気がしますね。


で、ハードロック/ヘヴィメタル畑の僕的には、このレコードの目玉は何といっても
”日本のメタル・ゴッド”、伊藤政則さん参加の2曲です。

f:id:Baka_Records:20171028154657j:plain

f:id:Baka_Records:20171028154711j:plain

 

若き日の伊藤先生、皮ジャン、皮パン&ロンドンブーツがグッときますね。


吸血鬼伝説
海にとけこんで

もう曲名だけでワクワクします。
吸血鬼伝説ですから!
あははは!

その「吸血鬼伝説」。
早速針を落として聴いてみますが、
いきなりの雷鳴音。Thin Lizzyの「Thunder And Lightning」みたい。
ストレートなハードロック全開でカッコイイです。
UFOの「Lights Out」やLAZYの「Dreamer」を彷彿させますね。
伊藤先生の歌声も決して下手ではありません。

伊藤さん自ら歌詞の一部を抜粋してみると、

 古城の地下室 朽ちた棺に甦る
不敵な微笑み 浮かべてお前は いま目を覚ます

命の渇きを癒す 今宵の獲物は
ブロンド娘の 汚れなき生血

甘いエロスが漂う わななく吐息の
ブロンド娘に 突き刺す牙

吸血鬼伝説 時を越えて今も息ずく

 この何年か後にリリースされる聖飢魔Ⅱの「蝋人形の館」っぽい歌詞。
バックでは「ドラキュラ~」という声も聞こえ、なかなか凝ってます。
ギター(高津昌之さん)も頑張ってますね。

 「海にとけこんで」のほうは明るめのバラード。
Motley CrueのTime For Changeあたりが思い起こされます。
伊藤さんはこちらのほうがお気に入りのようです。
中間部のギターソロは、「マイケルシェンカーっぽくしてくれ」と
伊藤先生が依頼したのだとか。


最後に、このLPには森さん以外のコメントが掲載されているのですが
伊藤先生のコメントを。

 

f:id:Baka_Records:20171028154753j:plain


ええええええええ!
何と伊藤先生、若い頃はライヴもやってたんですかぁ!!
しかもフェスに参加って!!
驚きです。存じ上げませんでした、って、
これ、伊藤先生のジョークなのかなぁ?・・・
僕は毎週伊藤先生のラジオを聴いていますが、触れた事ないなぁ。
やはり黒歴史なのでしょうかね?